技術はいろいろ。想いは、ひとつ。

あの人に、この情報を、この想いを、
届けたい。

私たちユミルリンクのミッションは、
技術の力で、届かない声を
ゼロにすること。
それもできる限り正確に、
できる限り高速に。
そのためなら、この世界に存在する
あらゆる技術を駆使します。

AIを含めた最先端技術はもちろん、
メールのようなレガシィな技術を
深堀りしていくこともある。
顧客ニーズを叶えるために最適であると判断すれば、
一般書店に技術書さえ
置いていないような、
レアなテクノロジーを採用することだって少なくありません。

そのために、ユミルリンクの判断フローは常にエンジニアファースト。
現場レベルで最適であると判断した
技術や仕組みを、
最大限取り入れる体制を整えています。
ひとつの強い想いのために、
無限の技術を追求する。

それが、ユミルリンクの
決して変わらないスタンスです。

VISION

目指すのは、
コミュニケーションを最適化する
プラットフォーム。

ユミルリンクは、企業と消費者、自治体と住民の架け橋になるべく、コミュニケーションを最適化するソフトウェアを開発・販売しています。第三者による2018年度の市場調査レポート(※)では、10要素のうち8要素で顧客満足度1位を獲得しました。これまでの主力製品はメールやショートメッセージを活用したコミュニケーションサポートですが、現在は消費者・生活者のニーズが多様化し、コミュニケーションの環境も著しく変化している時代です。SNSやアプリのプッシュ通知といった手法も普及していますから、今後はさらに様々なアウトプットの形を実現させるために、急ピッチで研究・開発を進めています。

(※)ITR Cross View:メール送信市場の実態と展望2018

1/2

一方で、どのタイミングで何のツールを使えばターゲットに対して最も適切にメッセージを届けられるのかという分析も重要です。AIを活用しながらデータを解析してスコアリングするマーケティング機能を有し、インプットとアウトプットの両面からコミュニケーションを最適化するプラットフォームを作り上げること。それがこれからの数年で私たちが実現しなければならないミッションです。

おかげさまで既存サービスの評価は高く、財務基盤も非常に強固なものになっています。だからこそ今、新たな領域に挑戦し、次世代のユミルリンクをともに作り上げてくれる人材を求めているのです。飛躍的な成長を実現するために、権限移譲や社内統制の強化など、組織づくりにも力を入れています。

届けたい声を、適切なタイミングで届けていく。私たちの挑戦が終わることはありません。

代表取締役社長 清水 亘

2/2

OUR STRENGTH

DIVERSITY

多様な志向やスキルを持った人材が活躍できる環境であること。それが、ユミルリンクの大きな特徴です。

IN-HOUSE

社内ですべての開発を実施していることが私たちの強みであり、従業員一人ひとりのやりがいにもつながっています。

TECHNOLOGY

当社の持ついちばんの強みはどこかと問われれば、間違いなく技術力だと断言できます。

ABOUT

社名 ユミルリンク株式会社(YMIRLINK Inc.)
法人番号:3011001034545
設立 1999年7月
資本金 118,281,860円
従業員数 100名 *2019年10月
所在地

[本 社]
〒151-8583
東京都渋谷区代々木2-2-1
小田急サザンタワー12F (地図)
TEL:03-6820-0088 
FAX:03-6820-0087

[大阪支店]
〒553-0001
大阪府大阪市福島区海老江1-1-31
阪神野田センタービル16F (地図)
TEL:06-6530-4012 
FAX:06-6530-4013

[北海道オフィス]
〒064-0805 
北海道札幌市中央区南五条西1-1-12
ヒカリビル5F (地図)
TEL:011-596-9190

[福岡オフィス]
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13 博多駅前ビル8F (地図)
TEL:092-292-9106 
FAX:092-292-9206

[沖縄オフィス]
〒904-0116
沖縄県中頭群北谷町北前1-17-8 (地図)
TEL:098-989-0206 
FAX:098-989-0206

事業ドメイン ・ASP・SaaS事業
・ソフトウエアプロダクト事業
・システムインテグレーション事業
・ネットワークマネジメント事業
認定 ・ISMS(JIS Q 27001 (ISO/IEC 27001))
・プライバシーマーク(JIS Q 15001)
・ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定
主要株主 アイテック阪急阪神株式会社(阪急阪神ホールディングスグループ)

まずは、お気軽に
ご応募ください。

ENTRY